ウェブページ(サイト)とアプリの違い

ブラウザを介してインターネットにアクセスして表示するものが「サイト
AppStoreやAndroidMarketからダウンロードしてインストールするものが「アプリ

ブラウザとは?
ブラウザはインターネットに接続するためのソフトウェアのことです。
この3つのブラウザがおなじみです。

  • インターネットエクスプローラー(IE)
  • グーグルクローム(Google Chrome)
  • サファリ(Safari)

インターネットに接続できる環境があってインストールさえしておけば、世界中のホームページにアクセスできる(閲覧できる)のが、ブラウザの最大のメリットです。

アプリとは?

アプリはアプリケーションの略で、PC・スマホ・タブレットなどの端末で動かす事のできるソフトウェアの総称です。ブラウザもインターネットに接続するためのソフトなので、実はアプリの中の一つということになります。

大手のホームページ(サイト)では専用のアプリを開発している所も多いです。

逆にスマホに入っているカメラやカレンダーなどは専用のアプリのみですし、PCでも各種ツールはアプリだけというものがあったりします。

アプリのメリット

アプリはすぐ開ける

ブラウザでもアプリでも利用できるサービスの場合は、専用のアプリをインストールしておけば、接続の手間がかかりません。

例えばブラウザで『Twitter』を利用する場合は、ブラウザを立ち上げてから『Twitter』にアクセスする必要があります。

しかし、スマホアプリの場合は画面のアイコンをタップするだけで利用できます。さらに、そのサービスを利用するために最適化されているため動作も機敏で、アプリによってはオフラインでの利用も可能な点がメリットです。

この手間がかからないという点が、アプリの一つのメリットです。

アプリには通知がある

アプリのもう一つのメリットが、端末に直接『更新通知』が届くことです。

例えば『Twitter』のスマホアプリの場合は、あなた宛てのつぶやきがあった時に、更新通知が端末に届くように設定できます。
Yahoo!ニュースアプリのようなニュースアプリであれば、朝刊・夕刊といった日々のお知らせから、地震・津波といった防災情報がプッシュ通知という形で通知されます。

しかし、ブラウザ経由で利用している場合には、『Twitter』のサイトにアクセスするまでは、つぶやきがあったかどうかの確認ができません。

もちろんアプリでは更新通知が届かないようにも設定できますので、この機能がデメリットになることもないでしょう。

アプリの最大のメリットは速さ

インターネットはスマホであれ、PCであれ、回線の速度に左右されます。特にスマホは移動しながら使う事が多いのでその影響を大きく受けます。

いくらスマホ自体が高性能でも電波が弱ければサイトにアクセスするスピードは遅くなります。これは表示したい情報は「全て」電波を介してサーバーから取ってくる必要があるからです。

対して「アプリ」の方は違います。

アプリは最初にインストールした時、例えば常に一定のメニュー項目や、ボタンなどの素材や画像、文字等は端末内のハードディスクに保存しておくことが出来るため、電波を使って取得するのはコンテンツなどの更新される部分のみになり、必然的に通信量が小さくなります。

通信量が少なくなれば、それだけアプリの動きは機敏になります。
また重いデータやコンテンツでも、一度スマホ内にダウンロードしてしまえば例え電波が届かない場所でも閲覧する事が可能です。

またアプリ毎に専用のデータベースをスマホ内に設置する事も出来るので、例えばオセロゲームなどのアプリでは、途中で電話がかかって来たり、アプリを落としたりしても、駒の位置が失われる事無く、その部分からまたすぐにゲームを再開する事が可能です。

この「動作の速さ」や「中断された時からの復帰の早さ」がアプリの最大のメリットです。

皆さん自身もご経験があると思いますが、ユーザーはサイトが少しでも重いとすぐにそのページから離脱してしまうので速さは重要なファクターです。また通信量(料)も当然少ない方が良いのでこの点でもアプリ側には大きなメリットがあると言えるでしょう。

アプリのデメリット

アプリは容量を消費する

アプリはまず初めにダウンロードをすることで通信容量(ギガ)を消費し、スマホにインストールすることでストレージ容量を消費します。アプリが便利だからと言って何でもかんでもインストールしてしまうと、容量を使ってしまいます。アイコンの整理も大変になるためほどほどに控える必要があります。

また、端末を立ち上げた時に自動的に起動するアプリもあるため、そのぶん立ち上げのスピードが遅くなってしまったり、端末自体の反応が重くなってしまったりすることもあります。

一方ブラウザで見るサイトの場合は、アプリと違ってサイトを見る分だけの通信容量で済み、わざわざインストールする必要もありません。ブラウザでよく見るホームページは、いくつお気に入りに入れていても動作に支障はありません。しかし、アプリをたくさんインストールすれば、それだけ端末自体の動作に影響を与えてしまうのです。

アプリの更新が必要

ブラウザで見るホームページの場合は、リニューアルなどがあっても、僕たちユーザーに特に手間はありません。

しかし、アプリの場合は頻繁に更新があるため、いざ使いたい時に更新で待たされてしまったり、その更新のせいで他のアプリまで使えない場合もあります。

つまり、サイトならブラウザだけの更新で済みますが、アプリならアプリごとの更新が必要になってしまうのです。

ウェブページ(サイト)のメリット

 ブラウザの同期ができる

Chrome(クローム)やSafari(サファリ)などのブラウザには同期という非常に便利な機能が備わっています。これは、同じアカウントにログインすることで、パソコン・スマホ・タブレットなど複数のデバイス間でブックマークや閲覧履歴を共有できるという機能です。この同期を活用すれば、職場・自宅・学校など場所にとらわれること無く、またwindows・Mac・アンドロイドなどOSの違いも気にすることなく常に同じ環境で作業することができるのです。

サイトの最大のメリットは コストと更新性

PCであれスマホであれ、webサイトは全て「HTML」と言うコンピューター言語で作られています。これはコンピューターの言語の中でも比較的習得が簡単なものですし、古くからあるので使える人も多いです。また以前お話しさせて頂いたBootstrapなどのテンプレートを使えば、pcとスマホのサイトは一括で作れますし、異なるwebブラウザー(SafariやChrome等)やOS(iOSやAndroid等)でアクセスしても全く同じ様に表示する事が出来ます。

対してアプリの場合iOS版、Android版、必要であればPC版と全て別々の言語で作らなければなりません。iOSとAndroidのプログラミングはHTMLよりも比較的高度な知識と技術と経験が要求されるので、当然人材も限られたものとなり、必然的に単価も大きく上がってしまいます。

雑感ですが、サイトとして作るのとアプリとして作るのでは大体23倍の価格差が有り、更に二つのOSで作るのであれば最終的に46倍の価格差が生じてしまいます。

また頻繁にデータを更新する場合、アプリの場合は更新したアプリ自体をプラットフォーム(Appstoreなど)に再度登録し、更にユーザー側にも都度更新してもらう必要が有りますが、サイトであれば単にサーバーのデータを更新するだけで良いので手軽です。

(基本的にアプリの更新はOSが自動で行ってくれるものの、軽微な修正をする度に更新されるのはやはり煩わしいものと言えるでしょう)

また課金コンテンツなどはAppStoreで配信しているアプリの場合、手数料等が引かれてしまいますが、自前のサイトではもちろんそう言った事は起こりません。

サイトでもアプリとほぼ同じ事が出来る

意外に思えるかもしれませんが、機能的には実はサイトでもアプリとほぼ同じような事が出来ます。確かにスマホ発売当初はアプリでなければ出来なかった事も多かったのですが、最近はHTMLと言う言語自体が進化しており、例えばサイトから端末のカメラを起動させるとか、GPSで場所を特定する等も可能になっています。

また一昔前では動画コンテンツは「Flashプレイヤー」と言う専門のソフトが必要で、これがスマホのブラウザには対応しておらず、基本的に再生専用のアプリを用意する必要があったのですが、最近はブラウザの動画再生でもFlashプレイヤーが不要になり、その点でも差は無くなってしまいました。

ではどちらを使えば良いのか?

以上の事から実は意外にもサイトの方がアプリよりも良いのでは無いかと感じられた方も多いかもしれません。実際HTMLと言う言語が進化した際には大きな期待が寄せられ、コスト面からもスマホはアプリよりもHTMLで作ったサービスの方が主流になる、と予想されていました。中にはOS自体をHTMLで作ろうと言う試みすらあった程です。

しかし、動作の素早さと言う点において、アプリの方には圧倒的な分があります。

よって動作が重要なゲーム等のコンテンツや、メッセンジャー等であればほぼ間違い無くアプリで開発すべきと思います。また例えば電話番号の取得等、アプリでしか出来ない機能も当然あり、こういった機能が必須の場合にはアプリ一択となるでしょう。

しかし逆に、速さよりも更新性が重要になるニュースサイトやメディア系のサービスであれば、スマホ用のウェブページ(サイト)を構築した方が主に資金面で多くのメリットがあると思われます。

以上のように弊社ではアプリとサイトの違い、メリット・デメリットをしっかりと把握した上での、アプリ開発のご相談にも乗らせていただけます。