店舗に設置するだけで近くを通行する人や来店中のお客様など、お客様のいる場所によってお店が伝えたい情報をお客様のスマートフォンに表示させることができる店舗集客支援サービスです。 自動翻訳もできるので外国人観光客を狙った地域活性化・まちづくりも可能です。
 

来店者数の向上

お客様にダイレクトにお店の情報を配信することで、近辺にいるお客様に店の存在をアピールし、来店の機会を増やします。

リピーター数向上

公式サイト、メルマガ、Facebookページを案内することで、ユーザーに最新情報を届けます。

アクセスアップ

オフィシャルサイトとの連結でアクセスアップ効果が期待されます。

ビーコン(Beacon)とは

ビーコン(Beacon)とはBLE(Bluetooth Low Energy)の発信機のことです。

Appleが提供するiOS7から「iBeacon」という規格で標準搭載されたことがきっかけで、スマホと連動させることでさまざまな用途への展開ができるようになりました。

ibeaconは、2013年にApple社が開発した独自の規格になります。bluetoothを使った発信機で、iOS7以降のiPhoneに標準搭載されています。

半径数十メートルの範囲において、数秒ごと一回の発信をおこないます。
サイズは最小でコインくらいで、大きくてもタバコ程度と非常にコンパクトなのがメリットです。大掛かりな工事をせずに店舗への導入が可能で、フレキシブルに活用できるのが魅力とされています。

今まではbeacon(ビーコン)を利用するためには専用のbeacon(ビーコン)アプリが必要だったのですが、iOS7以降のiPhoneユーザーであれば不要で使えます。これならばアプリをわざわざ起動していなくても情報を受信できます受信者に沿った情報を届けることができます。

特に日本ではiphoneユーザーが多いのでiBeaconが搭載されたスマートフォンを持つユーザーが増えることでさらに、発展していくものと思われます。もちろん、iPhoneユーザー以外のAndroid端末やWindows Phoneでもアプリをインストールすれば利用可能です。

Bluetoothとは

Bluetoothとは近距離無線通信の規格のことです。

通常であれば、パソコンやスマホなどと有線で他の機器と接続を行っていましたが、Bluetoothであれば無線で音楽やデータのやり取りを行うことができるようになります。
普段の生活では、Bluetoothのイヤホンやスピーカーが最も身近なのではないでしょうか。

ビーコンで使われているBLE(Bluetooth Low Energy)は、通常のBluetoothよりも低電力で通信が可能です。

 

ビーコン(Beacon)どこで利用されている?

ビーコン(Beacon)の、店舗などの施設内にビーコン信号を発するBeacon端末を設置することで店舗の情報を取得できたり、スマホの持ち主の場所がわかったりするようになっています。

beacon(ビーコン)の仕組みと価格

beacon(ビーコン)は半径数十メートルの範囲において、数秒ごと一回の発信をおこないます。サイズはいろいろあり最小でコインやボタンくらいの小さなものから、タバコサイズ、さらにはインテリアとしても機能するような据え置き型や防水タイプ、太陽電池で動くソーラータイプ、また天候関係なく屋外に設置できるようなものなど様々な大きさや形状のものがあります。
コンパクトなものならば、情報を発信する側でも大掛かりな工事をせずに店舗などへの導入が可能で、フレキシブルに活用できるのが魅力とされています。

価格は実はとても安価でBLE(Bluetooth Low Energy)に対応している端末なら、電力をさほど使わず、ボタン電池でも稼働が可能な小さなタイプも多くあり、それらは数百円ほど手に入れることができます。
また大きいものや全天候型など特殊な機能が付いたタイプでも数千円程度で購入できます。複数をセットで利用する場合もよくあるので5個や10個といった単位で安価で購入することもできるのです。

beacon(ビーコン)とGPSってどう違う?

「beacon(ビーコン)って今までも使っていたGPSと同じじゃないの?」と思われるかもしれませんが、beacon(ビーコン)とGPSには発信源の違いがあり、それによって特徴が違い、利用する用途も違うのです。

 

GPSとは

GPSとは、Global Positioning Systemの略で、人工衛星が発する電波を利用して位置情報を測定するシステムになります。人工衛星を使うので、地球全体規模の広い範囲で信号を利用できます。広い範囲で受信できますが、その分精度はあまり高くなく、人工衛星の電波の届かない地下などでは利用でいないことがあります。

beacon(ビーコン)とは

一方、beacon(ビーコン)は、発信機から信号を半径数十メートルという狭い範囲に発信する機械を指します。範囲が狭いからこそ、精度が高く、数センチメートルから数十センチメートルという範囲で位置を測定することができます。
またbeacon(ビーコン)の信号は、個々の端末の個別信号を識別して通信するので、Bluetooth機能をオンにしていて、必要であればアプリをインストールしておけば地下や屋内といった場所での影響を受けることが少なく安定して利用することができます。

  • iBeacon:狭い範囲での利用で屋内でも利用可能
  • GPS:人工衛星を利用して測位するため広範囲の位置特定が可能であるが、電波が届かない屋内や地下では利用不可

GPSとbeacon(ビーコン)の比較

GPSは電池の消費が大きいために長時間利用することは難しいですが、beacon(ビーコン)は電池の消費が少なく、電波の届く範囲に複数の端末いて同時に利用していたとしても信号同士が干渉することがありません。この特徴を活かすことによって、電波の範囲内にビーコンの信号を受け取れる受信端末を感知するとその端末の位置情報をサーバーに送信します。
また、サーバーから受信端末に情報を送信することもできます。ピンポイントに必要な情報を端末に送信したり、設置した複数のビーコン端末を使ってユーザーの行動を記録したりすることもできます。

beacon(ビーコン)にできることその1:位置情報の把握

beacon(ビーコン)はレーダーの一種なので、bluetoothをオンにしているスマホ端末の位置情報をキャッチすることができます。たとえば店舗に設置すると、店を訪れた消費者が、どのようなルートで店内をまわり買い物をしたかを確認することが可能。ショッピングモールやイベントスペースでは、「顧客が買い物をしやすい構造になっているか」、「トイレやインフォメーションセンターなどの場所が分かりやすいと認識されているか」などのマーケティングに活用することができます。

もちろん、bluetoothをオフにしている消費者の位置情報を知ることはできません。そしてここが重要なポイントなのですが、bluetoothをオフにしている消費者の位置情報を知ることはできません。

位置情報の把握は、bluetoothのオンにしているスマホ端末のみ、可能となっています。スマホを持っていて店内に入った人全ての動向を知ることができるわけではないので自分の状況を知らせたくない、beacon(ビーコン)からの情報も必要ないといった時にはbluetoothをオフにしておけばいいのです。

beacon(ビーコン)にできることその2:スマホアプリへのプッシュ通知

位置情報サービスを応用するかたちで可能になるのが、このプッシュ通知です。
事前にメール登録をしておけば、店舗に入った消費者のスマホにだけクーポンを配布したり、タイムセールの案内を送ることができます。性別や年齢、嗜好といった情報を事前に取得しておけば、対象に合わせた情報だけを選択して送信することも可能です。

今までのプッシュ通知では細かい設定はできず、メンズ・レディース・キッズ向けのセール情報を一括で送信が多く、読み手、消費者にとってはメールの文面が長くなったり画面が見づらくなったりして、読み飛ばされてしまうことがよくありました。また、セールスレターの配信時期によっては、「先週、店で買い物をしたのに。今頃クーポンを送ってこられても、タイミングが悪いよ」と感じる消費者もいます。
こうしたニーズのすれ違いを解消できる可能性を持つのが、beacon(ビーコン)とスマホアプリを使ったマーケティングです。
ID情報と送る内容を紐付けすることで、無差別的にクーポンや案内を送付するのを防ぐことができます。

基本の機能を組み合わせて最適なサービスを提供

beacon(ビーコン)の基本的な機能である「位置情報」、「プッシュ通知」を組み合わせて活用すれば、店舗の近くにいる顧客に効果的なプロモーションをおこなえます。今近くにいる顧客や店内にいる顧客などより即効性がありニーズのあるところに必要かつお得な情報を届けることができるのです。
しかし、
留意すべき点は、bluetoothにつないでいなければ情報は何も得られないといういうことを認知しておきましょう。
いくらiPhoneユーザーであろうが、アプリをダウンロードしていようが、近くにいる、店内ですでにショッピングをしている人でも、bluetoothがその時点でオフになっていれば、どんな情報も届きません。
beacon(ビーコン)を活用したマーケティングをおこなう際は、顧客にもbluetoothをオンにした状態で利用してもらうよう、よくアナウンスするのが重要です。

beacon(ビーコン)で進化するインストアテクノロジー

インストアテクノロジーにおける「不気味の谷」

オムニチャネル・パーソナライゼーションサービスの大手である「リッチレリバンス(Rich Relevance)」は、一つの興味深い調査を実施しました。
買い物に関わるさまざまな新しいテクノロジーを実際に使ってもらい、それらが与える影響を調べたのです。

米国と欧州、2,000以上の企業を対象に調査をおこなった結果、指紋スキャンなどのテクノロジーは「クール」と感じる一方で、顔認識ソフトなどに対しては「気味が悪い」と感じる消費者が多かったことが判明したとのこと。
決済がタッチ一つで完了する指紋スキャン、実際に服を着替えなくてもたくさんの衣装が試せるバーチャル試着・スマートミラーは、買い物をより便利に、そして楽しくさせてくれるテクノロジーだと多くの人に認識されました。
その反面、店内に入った瞬間に顔をスキャンして認証がなされるようなシステムは、監視されている、行き過ぎだと感じる傾向が強かったとされています。
ロボットやAIにおいて存在する「不気味の谷」が、インストアテクノロジーにおいても存在することは間違いないでしょう。

Forbes「バーチャル試着は歓迎?買い物を便利にする『インストアテクノロジー』」
https://forbesjapan.com/articles/detail/12753

自分に合った情報やサービスを受け取りたいという欲求と、個人を特定されすぎたくないという要望は人として自然な感情ですが、マーケティングの観点からは実現が難しいことでもあります。これを解決するのが、beacon(ビーコン)です。
beacon(ビーコン)があれば、顔認識システムで来店を監視しなくても、顧客一人一人に合わせた情報の配信や接客が可能になり、紐付けられた情報からよりシームレスな買い物体験の提供が実現します。

また情報を受け取りたくない、もしくは自分の動向を提供したくないという場合には、bluetoothをオフにしておけばいいのです。beacon(ビーコン)を利用するにはbluetoothをオンにしなければ受信できないので、消費者の方で必要に応じて欲しい情報やサービスを選んでbeacon(ビーコン)を利用して受けることもできます。これならば安心ですね。

インストアテクノロジー:beacon(ビーコン)の可能性

飲食店におけるインストアテクノロジーとbeacon(ビーコン)

カフェや飲食店にbeacon(ビーコン)を設置すると、店舗の近くを通る顧客にメッセージやクーポンを配信したり、混雑のピーク時間をデータとして取得できるようになります。
また、beacon(ビーコン)を活用した注文アプリも、人件費削減や客単価の増加、リピート率の上昇が見込めるテクノロジー。カード情報の紐付けやApplePayの利用によって、メニューの閲覧、注文、決済をアプリですべておこなうことができます。
注文がどのテーブルからなされたのかは、beacon(ビーコン)の信号をたどれば良いので、ホールで働くスタッフも無駄のない動線で動けます。

宿泊施設におけるインストアテクノロジーとbeacon(ビーコン)

ホテルにおいても、beacon(ビーコン)を活用することでスムーズなチェックインやルームサービスの注文が可能になります。beacon(ビーコン)によって、オンラインで顧客の状況を閲覧できるので、一人一人に合わせた情報提供や案内が実現。繁忙期はチェックインカウンターに列ができてしまうというホテルは、混雑を解消するツールになることでしょう。

広がるbeacon(ビーコン)を利用したネットワークとビジネス

これらのように一つの企業や店舗がそれぞれにbeacon(ビーコン)を通じてマーケティングをし、顧客の情報を得たりサービスを提供するだけではなく、もっと包括的にbeacon(ビーコン)を利用して、各分野の企業のサービスや情報をより必要としている人へ届けるためのさらに大きなつながりやビジネスに活用しようという動きも活発になっています。

beacon bankという会社では、個別の企業がそれぞれで管理しているbeacon(ビーコン)情報を一手に管理しその他の企業などみんなでシェアしたり相互で利用できるサービスを提供しています。
狭い範囲での送受信がbeacon(ビーコン)の特徴ですが、このサービスを使えば、それぞれのエリアや分野の情報を広い範囲で得ることができ、beacon(ビーコン)を利用したアプリユーザーの動向をマーケティングすることができます。このシステムを使うために自社でbeacon(ビーコン)を持つ必要がなく、このサービスを利用することができます。さらに利用料も基本機能は全て無料で利用できるので、これを使わない手はありませんね。

またbeacon communicationsという企業も、beacon(ビーコン)を利用しグローバルブランドが抱える課題や問題と日本人消費者の傾向、習慣や動向などを照らし合わせてより、必要な人やニーズに的確な情報とサービスを提供するサポートをしています。

このようにそれぞれ企業や店舗のbeacon(ビーコン)で得た情報を、違う分野や企業ともシェアし共有することでよりニーズにあったサービスを提供することができ、ユーザーも必要な情報やサービスを必要な時だけ得ることができるので満足度はどんどん高まっていくのではないでしょうか。

ビーコン(Beacon)を導入するメリット

効率的な情報配信が可能に

屋内での利用が可能になるため、アイデア次第で効率的な情報配信が可能になります。

また、プッシュ通知が普及したことによって、情報を必要としない人には通知をせず、情報を求めている人には通知できるという仕組みにしたことによって、ユーザービリティが向上しました。

緻密なナビゲーションが実現

通常であればナビゲーションを利用する施設では、録音された内容を流すだけであるため、顧客の場所に関係なくナビゲーションが進んでしまいます。

しかし、ビーコン(Beacon)により、顧客のいる位置に合わせた内容を流すことができるため、より親切なナビゲーションシステムを構築することができます。

受信者に応じた情報の提供が可能

BLEを利用することで、ユーザーが専用のアプリをインストールした際に入力した個人情報を取得することができるため、そのデータをもとに受信者に応じた情報の提供が可能になります。

この仕組みを利用すれば、ユーザーの性別・年代・アプリ内での行動分析が可能になるため、新たなマーケティングツールとして活用が広がっていきます。

条件に合った人が近くにいるかどうかを知らせてくれる

事前に登録した条件に合致した人が近くにいる場合、それを知らせてくれるシステムがあります。

そのため、マッチングイベントなどで事前に会いたい相手の条件を設定しておくことで、その条件に合う人が近くにいた場合に知らせてくれます。

アプリをインストール済みでBluetoothをONにしていることが条件なので注意しましょう。

さまざまなデバイスに指令を送れる

サーバーから送られる通知はスマホだけに限らず、さまざまなデバイスに情報の提供をしたり指令を送ったりすることができます。これを活用した事例として、KDDIの「SYNC YELLプロジェクト」があります。

これは、若者が故郷を離れ上京した際に、ビーコン端末が設置されているある大型ディスプレイの前を通ると、そのディスプレイに家族や友人からのメッセージが流れるというものです。
若者は専用のアプリを事前にインストールしていたためこのように、メッセージを受け取ることができました。

さまざまなデバイスに指令を送れるため、活用の幅はアイディア次第です。

ビーコン(Beacon)の導入事例

iBeacon以外にもビーコンにはさまざまな種類があります。

道路交通情報通信システム(VICS)の例

道路交通情報通信システム(VICS)では、ビーコンを使って道路状況をリアルタイムで運転者に伝えることのできるシステムです。

ある一定の場所に光学式社労感知器を設置することで、車がそのゾーンを通ることによって、電波ビーコンや光ビーコンを利用してエリアの渋滞の状況や通行止めの情報を伝えてくれます。

雪崩beaconの例

雪崩ビーコンとは、登山をする際に雪崩が起きるような危険な場所へいくことが事前にわかっている場合に持っていくものです。

もし登山者が雪崩に巻き込まれてしまった際に、雪に埋れてしまっている登山者のビーコンの電波を利用して、その人を見つけ出すために使います。

タクシー会社による配車アプリの例

タクシー配車アプリ「Hailo」では、スマホ端末を利用して乗車の支払いができます。

これはユーザーが「Hailo」の搭載されたタクシーを利用した際に、自動でアプリが起動され、支払方法を選択することで支払いを行うことができます。

事前にクレジットカード情報などを登録しておくため、その場でクレジットカードを出すなどのやりとりが不要です。

スマホによる注文を可能にした飲食店の例

東京・台場の東京ジョイポリス内の「フレームカフェ」でシート型ビーコンを利用した「ペーパービーコン」が導入されました。

全部で10の言語に対応しており、アプリ内にあるメニューからオーダーしたいメニューを選び、スマホアプリをシートに置くだけで注文が完了するというものです。

beaconによる商品在庫の確認アプリの例

大手レコード販売店であるHMV(His Master’s Voice)では、ビーコンを活用することで顧客自身で商品在庫を確認することができたり、どの棚に商品が置かれているかなどを表示したりすることができる「HMVアプリ」を導入しました。

このアプリでは、その店舗限定のクーポンやイベント情報なども発信されているので、店頭に来た顧客がメリットを得やすいようになっています。